logo tips
基板設計とレイアウト

プリント基板(PCB)の設計は簡単なことではありません。エレクトロニクス製品の設計の重要な部分であり、基板の配線と部品の配置が含まれています。回路の性能は 設計上のレイアウトに大きく依存しますので、設計設計とレイアウトのテクニックを学ぶことは重要です。


基板設計とAltium Designerでのレイアウトのステップ。

基板設計とレイアウト


優秀な基板レイアウト設計を行うためには、エンジニアはレイアウトするための適切な基板設計ソフトウェアが必要です。基板エンジニアや学生に好まれる基板設計ソフトウェアにはいくつかの種類があります。Eagle  Altium Designer、Protel、OrCAD、EasyEDA、KiCADなど。Altium Designer は人気のある基板設計ソフトウェアです。


ここではAltium Designerを例に、設計手順を列挙します。

回路図を作成します。

配置&配線前の基板寸法レイアウトを作成します。

回路図をキャプチャし、PCBにリンクします。

PCB の層定義を設計します。

デザインルールと DFM 要件を定義します。

部品を配置します。

ドリル穴を挿入します。

配線します。

ラベルと識別子を追加します。

デザインファイルを作成します。

回路図,配線図


プロのエンジニアは、基板設計には適切な設計ソフトウェアが不可欠であることを知っています。実際の状況に応じて、どのように基板設計ソフトウェアを選択するのでしょうか?まず、そのソフトウェアがあなたのニーズを満たすことができるかどうかを検討する必要があります。次に、設計ソフトウェアが使いやすいかどうか。さらに設計ソフトウェアが片面基板設計や多層基板のレイアウトに対して最適かどうかを知る必要があります。

 

基板レイアウト設計のいくつかのヒント

基板レイアウト設計の実用性を向上させ、不要なトラブルを減らすためのいくつかの基板設計のヒントがあります。

基板レイアウトの全体像

基板設計を始める際に、基板面積と配線層数を決め易くにするためは、重要な部品と主要な配線のラフスケッチを描くことが最善です。

配線

配線は、整然としてスムーズでなければなりません。プロの基板設計では、基板上の銅配線のほとんどは、45°の角度で曲がっています。理由は、45°の角度は、90°の角度と比較すると、部品間の電気的な経路が短縮できることです。また高速回路では、90°の角度は使ってはいけません。

アース配線と電源配線

アース配線と電源配線のような重要な配線は、干渉防止と電力効率を向上させるために、できるだけ太くする必要があります。

パーティションの設計

回路は、性能に影響を与えずにいくつかの部分に分割することができます。このような基板レイアウトは、相互干渉を減らすのに役立つだけでなく、配線がきれいに整然と見えるようなり、将来のチェックやメンテナンスにも役立ちます。

 

エンジニアは製造要件と安全基準を満たすために、基板レイアウトのガイドラインに従って設計する必要があります。プロの基板レイアウト設計は、製造コストをコントロールし、限られたスペースで製品の性能を向上させるのに役立ちます。基板レイアウト設計や基板製造についての詳細が必要なときは、私たちに連絡してください。お問い合わせ