logo tips
電気テスト

電気テストとは

電気テストは基板を納入する前に行われます。通常、すべての基板は製造完了時にE テストを行います。断線とショートは必ず行う試験項目です。PCBGOGO はお客様の要求に従って他の試験項目もご提供致します。

プリント基板


基板電気テストの機能

電気試験は、目視検査とAOI検査以外に不貫通ビアや埋め込みビアのある基板には必須の試験方法です。基板上の接続部の欠落をチェックできるのはE-testだけです。基板の主な電気的試験方法は以下の通りです。

●回路のオープンとショートのテスト

●静電容量テスト

●抵抗のテスト

●基板製造データとの比較テスト

●連続性試験

●隣接(絶縁)性試験

 

電気試験に使用される試験装置は主に2種類あります。

●フライングプローブ

フライングプローブはフライングプローブテストのために使用される試験装置です。基板配線に特化したプログラムによって、フライングプローブは信号を 1 ネットずつ検査します。全体のテスト時間は回路の規模で異なりますが、約 1 分から 3 分です。

利点

  固定治具不要

  安価

 短納期(基板試作に適しています)

プリント基板の電気テスト

 

●固定プローブ治具

プローブ治具は、治具テストのためのツールです。各タイプの基板にはプロ-ブピンを当てるパッドがあります。このテスト方法では、1枚の基板に対して常に5~10秒程度の短時間で検査が可能です。ただ基板の種類ごとにテスト治具を作る必要があるため、基板の試作には経済的ではありません。

利点:

 速い速度

 より正確

 固定治具の再利用が可能(繰り返し生産に適している)

プローブ治具,基板検査治具


この2種類のEテストには、どちらにもメリットとデメリットがあります。フライングプローブテストの方がイニシャルコストは安いかもしれませんが、量産の場合は固定プローブテストの方がコストパフォーマンスは高いです。

 

PCBGOGOでの電気テスト

基板の設計が複雑化、小型化するにつれ、E-テストの必要性がより重要になって来ています。AOIではこの問題を解決することができないため、すべての基板はすべてのビアが接続されていることを確認するために、どちらかの方法でE-テストをする必要があります。


PCBGOGOは専業基板メーカーとして、熟練した品質保証の専門家による高レベルのテスト装置でテストされた基板を提供しています。


 プリント基板製造▼

即時見積もり - PCBGOGO