logo tips
デザインルールチェック

デザインルールチェックとは?

デザインルールチェック(DRC)とは、プリント基板のレイアウトがプリント基板メーカが定めたルールを満たしているかどうかを物理的にチェックする作業です。プリント基板設計のレイアウトは、プリント基板メーカの技術ルールに沿ったものでなければなりません。通常、基板メーカは、製造プロセスの通常の変更が故障につながらないことを保証するために、独自の設計ルールを持っています。これらのルールは、最小導体幅、または最小穴径などであるかもしれません。高度で複雑な基板工程で、一部の基板メーカは品質と歩留まりを向上させるために、より制限されたルールを使用します。

デザインルールチェック


DRCは主に何をチェックするのか?

レイアウトと物理的な接続が終了すると、自動プログラムがルールに基づいてすべての設計の詳細をチェックし、違反があれば報告します。具体的な例としては、以下のようなものがあります。

● ビアの最小直径とギャップ。導体幅、導体とビア、導体とパッド間のギャップ。そして、ギャップが製造基準を満たしているかどうかをチェックします。

● 基板上のラベルやアイコンは、短絡の原因にならないようにする必要があります。

● アース線と電源線の幅とギャップ、電源とアース線のショート。

● 基板に追加された追加の処理ラインがあるか。

デザインルールチェック

 

デザインルールチェックの重要性は?

DRCとは、基板設計の論理的、物理的な整合性をチェックすることです。DRCは、基板設計時チェックが的確に行われているかを確認し、製造歩留まりを向上させるために必要なステップです。それは不要な設計ミスを回避するだけでなく、基板の欠陥によって引き起こされるコストとダメージを最小限に抑えるのに役立ちます。

ほとんどの基板設計ソフトウェアは、基板設計者が正しい設計ルールから逸脱しないよう、設計を補助する多くのDRC 機能を持っています。レイアウトが完成してしまうとDRCエラーを修正するのが難しくなるため、最終的なアートワークを出力する前にDRCを実行することをお勧めします。


PCBGOGO は中国の経験豊富な基板の製造メーカで、基板の製造と基板試作実装のターンキー サービスを短納期かつ高品質でご提供致します。私達は費用対効果の高い基板を提供することに対して競争力を持っています。オンラインサービスをクリックするか、または 基板問題に対して最も的確な答えを得るために私達に電子メールをお送り下さい。


  基板製造基準▼

 FR-4製造 - PCBGOGO