logo tips
アニュラー(環状)リング

アニュラーリングとは、基板を上から見たときのビアや穴の周りのドーナツ状の銅の部分のことです。穴縁と導電性銅パッド外側端の間の部分です。(ランド残り)。アニュラーリングは、基板設計の目的やスペースの制約により、幅が異なります。アニュラーリングに問題があると、導体の導通や回路機能に影響が出ます。

アニュラリング,基板設計


アニュラーリングの一般的な問題点

ビアパッドの中心にドリルで穴を明けると、完璧なアニュラーリングができあがります。  しかし、穴あけ精度は基板メーカーが使用する穴明け機に依存するため、必ずしもアニュラーリングが中央にない場合があります。アニュラーリングには穴明けの問題点がいくつかあります。

●良好なビア

ビアがパッドまたは決められた限界領域の中心にある場合、私達は良好なビアと呼び、これにより良好なドーナツ状のアニュラーリングと良好な電気的接続性が得られます。

●接続点

穴明け精度が悪い場合、完成した穴はパッドのセンターからずれてパッドの縁面付近になります。穴の一部がパッドの端に接触するとアニュラーリングは切れます。

●ランド切れ

穴のズレが多い場合、穴の一部がパッド領域を超えるとランド切れが発生します。これは望ましくないアニュラー(環状)リングの一種であり、ショートや断線の原因となります。

アニュラーリング,プリント基板設計


穴明け精度の重要性

特に小型で高密度のプリント基板の穴明け加工では、アニュラーリングを最小化するためには、穴明け精度が重要です。アニュラーリングの存在は、必ずしもビアが正確にパッドの中央になくても良好な電気的接続を確保することができます。通常、パッドの内側にあり電気的接続に影響を与えない限り、穴がパッドの境界に触れていても問題ありません。


近くの部品間の空間が狭くなると、設計者は非常に小さな環状リングを設計することがあります。しかし、これは、環状リングの端部に非常に近いビアが発生する可能性が高くなり、ランド切れを引き起こす可能性があります。したがって、アニュラーリングを確保するために、基板メーカーはアニュラーリングにもっと注意を払うべきであり、基板設計者は、補正が可能なように、より多くのスペースを残しておく方が良いです。

 

PCBGOGOのアニュラーリング技術

 アニュラーリングの完全な幅は次のように計算されます。

 アニュラーリングの幅 = (パッドの直径 - ドリルの直径) / 2 

アニュラリングの幅,基板設計基準PCBGOGO

 

一般的にPCBGOGOの穴明け能力は、アニュラーリングの最小幅0.15mmで、ドリル径は0.2mmから6.3mmの範囲です。ビア径が上記の範囲外の場合、追加料金が発生します。


基板ビアを設計する際には、十分なスペースを確保し、発注する前に製造公差を知っておいた方が良いことを覚えておいてください。これらは、許容範囲内の距離でアニュラーリングの幅を維持し、電気的接続が影響を受けないようにするのに役立ちます。基板試作品の組み立てや小ロットの生産であっても、PCBGOGOの専門家はあなたの基板設計に最も適切な支援をご提供致しますので、ご安心ください。


           もっと見る

 穴の種類 - PCBGOGO