logo tips
入稿データ一覧

      基板製造又はメタルマスク製造をご依頼頂く場合はガーバーデータが必要で、部品実装をご依頼頂く場合はガーバーデータ、BOM、座標データが必要です。これらの資料への要求を以下に紹介致します。





ガーバーデータ(gerber)     

     ガーバーデータは基板製造の必須データです。PCBGOGOは.pcbdoc、.pcb、Eagleファイルに対応可能ですが、基板製造の前にこれらをガーバーデータに変換します。基板製造の他に、メタルマスクの製造もガーバーデータが必要です。また、ガーバーデータはRS-274XとRS-274Dの2種類のフォーマットがありますが、RS-274Dには非対応のため、是非RS-274Xに出力しますようお願い致します。

「Gerber Viewer」を起動




BOM(部品表)    

     部品代理調達と実装には、部品の詳細情報をリスト化とするBOM(部品表)が必要です。完備なBOMには、「品名、部品番号、個数、値、パッケージ、説明、部品メーカー、部品型番」の情報が含まれます。BOMの書き方や書くべき内容に詳しくない方は、「BOMの例」をご参照ください。

BOMの例をダウンロードする




座標データ    

    マウンターで表面実装部品を取り付けるには、部品の位置、角度がリスト化された「座標データ」が必要です。(チップ部品のない実装案件では座標データは不要です。)完備な座標データには下記の情報が含まれます。

★ 部品番号 

★ X座標とY座標 

★ 角度 

★ 実装面 

★ もし見本の写真や配置図などの関連資料がおありましたら、一緒にご入稿ください。

座標データの例をダウンロードする