logo tips
モ****ルフィ
部品実装自動溶接問題
353 0 Apr 19.2019, 10:16:40
不具合のある溶接方法による問題点として,外乱によるはんだが凝固前に移動するという問題がある。これは冷間溶接点と類似しているが,原因とは異なり,再加熱による矯正が可能であり,溶接点が冷却時に外乱を受けないことを保証している。冷間溶接:この状況は溶接が正しく溶けない時に発生して、表面が荒れて、接続が信頼できない。過剰なはんだが完全な溶融を阻止しているため,冷間溶接点も発生する可能性がある。修復策は継手を再加熱して余分なはんだを除去することである。はんだブリッジ:溶接が交差して2本のリード線が物理的に接続されている場合に発生する。これらは予期しない接続や短絡を形成する可能性があり,コンポーネントが焼損したり,電流が過大になると走行線を焼き払う恐れがある。パッド、ピンやリード線が濡れていません。多すぎるか少ないはんだ。過熱や粗さで持ち上げられたパッド。
  • 私のレビュー(0)
写真をアップロードする:写真は1枚だけアップロードできます。アップロードできるサイズは2MBまでとなります。アップロード可能なデータはJPG、JPEG、GIF、PNG、BMPです。
閲覧
確認
記事を書く
人気のキーワード